飛蚊症の原因に関して、そのメカニズムとは

飛蚊症

飛蚊症になるとどのような症状が出るのでしょうか。

 

よく言われる症状は、目の前にまるで蚊が飛んでいるかのような黒い点がちらちらと見えることがあります。または、小さな虫がずっと目の前に飛んでいるような感覚で、目の前からその蚊や虫などの小さな黒い点が離れないことがあります。

 

これが飛蚊症の症状であり、突然このような症状が出て驚く人が多い病気です。

飛蚊症のメカニズム

飛蚊症,原因,メカニズム

人間の眼球には硝子体と呼ばれるものがあります。
私たちが映像、目で物などを見るときには、この硝子体がとても大きな役割を果たしてくれています。

 

まず、角膜と水晶体を通じて、光が硝子体を通り、網膜に達することで普段見ている映像などを目で意識することが出来ます。

 

飛蚊症の正体は、この硝子体の中の組織に、余計なものが入ってしまったときに起こる現象です。

 

硝子体の中に、水の塊などが入ってしまった場合があります。
この水の塊の中に「繊維クズ」と呼ばれるものがあり、そのクズが原因として、まるで目の前に蚊などが飛んでいるように見えてしまうのです。

 

飛蚊症を改善させるには

飛蚊症,原因,メカニズム

もし飛蚊症を改善したい場合には、

  • 可能な限りパソコン作業を減らすこと
  • パソコン作業を行った後には、しっかりと休憩をとって目を休ませる

などの行いが必要となってきます。

 

また、飛蚊症の原因には、疲れ老化などが関係しています、。
それと同時に体内に活性酸素が入ってしまうと、このような飛蚊症の原因になりがちです。

 

しっかりとした食生活と健康的な運動などで、このような邪魔な活性酸素を除去することが出来ますので、生活習慣の見直しが必要です。
それと同時にサプリメントなどでも、このような活性酸素を除去してくれる効果があるため、活用してみると良いとされています。

 

 >>自宅で簡単!視力回復トレーニングの詳細はこちらが参考になります!<<


 >>副作用の心配もない視力回復サプリのおすすめはこちらが参考になります!<<


 >>安心・安全でおすすめのレーシック手術のクリニックはこちらが参考になります!<<

飛蚊症のレーザー治療の費用について

飛蚊症,原因,メカニズム

 

飛蚊症の殆どは加齢やストレスなどの生理的なものが主な原因です。しかし中には重大な病気の前兆として発症することもあります。

 

網膜が裂けて穴があく網膜裂孔などや、網膜剥離を起こしてない状態だとレーザーによる治療も可能です。

 

レーザー治療は網膜剥離を予防するのが目的であり、敗れた網膜の周りを焼いて癒着させて網膜裂孔の拡大を抑えて網膜剥離が起きないようにします。

 

飛蚊症のレーザー治療

飛蚊症,原因,メカニズム

治療では点眼麻酔をしてからレーザー用のコンタクトを付けて行います。入院は不要で10分ぐらいで終わりますが症状によっては追加で行うこともあります。

 

治療をするときに眩しさや痛みを多少感じますし、治療後も硝子体による牽引が強い場合は網膜剥離が起きることもあります。海外だと飛蚊症の原因となる硝子体の中のしわや濁りに照射して分散させて、症状を軽減します。

 

しわや濁りを分散させる治療では、最初に原因や症状の検査のために瞳孔を開くために点眼をします。
それから医師の診察を受けます。ここまでで大体1時間ぐらいです。

 

実際の治療は30分程度で、治療後は少し休んでから眼圧の測定を行って問題がないときは帰宅出来ます。
治療後は翌日、1週間後、1ヵ月後に定期検診を受けますが、軽減したと実感するには数日必要なこともあり、元の濁り方や場所によって効果も違います。
最近は日本でもこの治療をするクリニックがありますが、完治ではなくあくまで症状を軽くする目的で行います。

レーザー治療の費用について

飛蚊症,原因,メカニズム

治療に関しての費用はクリニックによって違います。ただ手術自体にかかる費用は保険が適用されるので3割負担だと大体6万円ぐらいです。

 

ただ手術ではたくさんの薬が使われますし、症状によっては入院などをすることもあります。手術や薬、もし入院したときには最低でも20万円から30万円ぐらいはかかってきます。

飛蚊症の原因は2タイプあります。ストレスは自分で正しくケア。

飛蚊症,原因,メカニズム

飛蚊症には2通りのタイプがあります。

眼病の症状

1つめのタイプは眼病の症状として現れる深刻な飛蚊症です。

 

その特徴は目の前に黒い異物が浮遊しているような感覚が生じる事になります。

 

急に発生する事も多く、最初はメガネやコンタクトレンズの汚れが視野の邪魔しているのかしら、と誤解してしまう方々もいます。

 

しかし、メガネやコンタクトレンズを外しても目の前に黒い異物が浮遊していれば、眼病由来の飛蚊症の可能性大です。また眼病由来の飛蚊症には、異物が急に見え出すという特徴に他に、

  • 視野に黒いモヤが見え始める
  • 視野の角度が急に狭くなる

等の特徴があり、深刻な眼病に陥る前に眼科に相談しなければいけません。

生理的飛蚊症について

飛蚊症,原因,メカニズム

そして2つめの飛蚊症のタイプですが、いわゆる先天性の生理的飛蚊症と呼ばれるものがあります。
先天性と呼ばれている通り、生まれつきの症状であり、眼病が原因ではありませんので、深刻な悪影響を受ける事はなくただただ視野が妨害される程度に留まります。

 

眼病由来の物との違いは「透明色の異物が見える」という点です。個人差は見られますが、基本的に先天性のものはアメーバや細長いクラゲのような透明色の異物が空中に漂って見える特徴を持っており、いわゆる害の無い飛蚊症と言われています。

 

ただ、視野の前を常に透明色とは言え異物が浮遊するため、集中力が低下したり、目の見えづらさを感じるデメリットは大きいです。
また個人のバイオリズムによって見える異物の量が変化します。

 

ストレスが蓄積した状態だと飛蚊症の症状が重たくなり、目の前に大量の異物が浮遊し、とても不快になります。
月並みですが、ストレスは出来る限り溜め込まないように意識しましょう。

  • 仕事で頑張り過ぎない、
  • 時には休暇や睡眠を思いっきり取る
  • 定期的に趣味に没頭する時間を作る
  • 必要以上に欲しい物を我慢する過度な節約生活はやめる

等、ストレスをケアする案を実践しましょう。

 

 >>自宅で簡単!視力回復トレーニングの詳細はこちらが参考になります!<<


 >>副作用の心配もない視力回復サプリのおすすめはこちらが参考になります!<<


 >>安心・安全でおすすめのレーシック手術のクリニックはこちらが参考になります!<<

TOPへ